Successful Bussiness

NEWS

道路の安全を守る

ISO39001を取得するのは、旅客輸送や貨物運送に関わる事業者が海外進出まで検討するなら必須の、批准するべき国際規格です。取得したいと考えるなら、専門のコンサルタントを味方につければ取得を目指せます。

more

保険加入で安心

大量の機密文書の処理が必要な際には手作業で行なうには大きな手間がかかります。専門業者を利用すると、ダンボール一個20kgとして、1500円から2000円程度かかります。

more

New Posts

多機能で便利な社員証

社員証は、これまで会社に入る際に警備員に提示するなどして活躍していました。現在はタイムカード等全ての面で利用出来る会社が増えています。社員にとっても大きなメリットをもっています。

read more

低コストな方法は?

物理的破壊が最も確実で低コストな方法

パソコンに機密文書を入れる機会が増える時代になりました。数多くの機密文書を取り扱ったパソコンが古くなり、処分しなければならなくなったときにはそのデータの消去を行うことが大切になります。しかし、ゴミ箱に入れて消去を行っただけではデータが消えないことには注意が必要です。データにアクセスできなくなっているだけであって、そのデータ自体は残されているからです。 パソコンごと処分してしまって構わないのであれば、適切な処理方法としてはハードディスクを物理的に破壊してしまうのが最良の方法です。専用のデータ消去ソフトを使って機密文書の処理を行う方法もありますが、廃棄が目的であればコストもかからない物理的破壊がよい方法なのです。

パソコンの引き取りのことも考えるなら専用ソフトの利用

パソコンで扱った機密文書の処理を行う際には基本的には専用のソフトを利用して消去するのが望ましいでしょう。パソコンが古くなって処分する場合にも、パソコンを業者に引き取ってもらうということになることが一般的です。そういった場合に物理的に破壊されていると回収してもらえなくなるリスクがあるからです。業者を選べば回収してもらうことは可能ですが、そういったことを考慮して、専用ソフトを使ってデータの完全抹消を行うのが安心できる機密文書の処理方法となります。 ただし、専用ソフトを利用する分の費用はかかることは考慮しなければなりません。その面で問題があるのであればやはり物理的な破壊に頼らざるを得ないと覚えておくと良いでしょう。