保険加入で安心

保険加入で安心して業者委託

大量の機密文書の処理が必要な際には手作業で行うのは大きな手間がかかります。そのため、機密文書の処理を行う業者に依頼して実施してもらうのが簡便な方法です。 こういった業務を行う専門業者や運送業者、環境系のコンサルタント業者など、様々な担い手が現在では利用可能です。その機密文書の処理方法は基本的にはシュレッダー処理であり、手作業で行うのと同様の信頼性があるものです。 業者依頼をすることによる機密文書の漏洩が気にかかってしまうのが常ですが、そのための情報漏洩保険に加入することもでき、それによって万が一の事態においても数億円の保険金を受け取ることができます。こういった保険サービスを利用しておくことで安心して業者委託を行うことができるでしょう。

機密文書の処理依頼にかかる費用

機密文書の処理を業者に依頼する場合には相応の費用がかかります。処理費用だけに着目すると段ボール一箱をおよそ20kgとして、その処理費用が1500円から2000円程度というのが比較的安く引き受けてくれる業者における相場です。業者によっては5000円程度までかかるところもありますが、そういったところではシュレッダー処理を行わずに回収した段ボールごと溶解させるといったような別の手法による廃棄処分を行っていることがあります。 また、依頼の際には基本的には大口となればなるほど重さあたりの費用は安くなる傾向があります。用紙サイズが揃っていると安いというようなサービスが提供されるなど、様々な形でのサービスが提供される傾向が強まってきています。